チップはいくら渡すの?

初めてのハワイ旅行におすすめ!

no1

JCB EITカード

年会費無料で旅行保険付き!カード提示でピンクトロリーバスに無料乗車♪

no1

グローバルWi-Fi

どこでもネットにつながる!LINE通話やGoogleマップが大活躍!

no1
#
長寿の里 さんごでUV

ハワイの強い日差し対策に!PA++、SPF32。無添加でウォータープルーフ!

チップはいくら渡すの?

日本ではなじみのないチップを渡す習慣ですが、
ハワイでは、サービスを受けた時にはチップを払うのが習慣になっています。

チップを払う相場ですが、
ホテルでポーターやベルマンの方に荷物を持ってもらったり、
ルームキーパーに部屋を綺麗にしてもらった時など、
サービスを受けた都度、1ドル以上が目安になってきます。


タクシーやレストランなどでサービスを受けた場合は、
チップの目安はだいたい料金の10%前後。

レストランなどで最高のサービスを受けたと感じた場合でも、
支払う料金の15%程度が目安になります。



1ドルというと日本円でだいたい100円ですから、
本の心ずもりのつもりで渡すようにしましょう。

1ドル札はチップを払う際にたくさん必要になってくるので、
日本円を両替するときに1ドル札は多めに両替してもらうようにしましょう。

基本的にチップは、小銭では渡さずにお札で払います。
チップを小銭で渡すのは、ひどいサービスを受けたという意思表示の意味もありますので、よほどひどいサービスでない限り、小銭でチップを渡すのはやめましょう。

レストランでクレジットカードで支払いをする場合は、
チップの金額があらかじめ会計のなかに含まれている場合があります。

レストランで食事をした場合は、支払いの前に伝票を確認しましょう。

伝票を見て、会計にチップが含まれている場合はそのまま支払いますし、
チップが含まれていない場合は、チップの金額を記入する欄があると思います。
そこに支払いの10%程度の金額を記入しておけば、カードでチップを払うこともできます。

レストランの伝票を見て、チップが含まれている様子もなく、
チップの金額を記入する欄もないような場合は、
会計の時に現金でチップを渡すようにしましょう。


チップを渡す習慣のない日本人にとって、チップはついつい支払いを忘れてしまうのですが、
その度にハワイの人たちは「日本人は・・・」なんて、ガッカリしているかも知れません。

サービスを受けたら、

「Thank you! This is for you!」

と言って、気持ちよくチップを渡しましょう。

ハワイ旅行が楽しいものになるはずです。

このページの先頭へ